2009年02月21日

不況だから「売れる店」

東京ウォーカーで、「餃子の王将」さんのことを知りました。

安くて、量が適切なお店だと。(^^)

そりゃ、この不況だからこそ、消費者は胃袋を満たしに、そういうリーズナブルなお店にはしるのかもしれない。
▼参考情報▼
兵庫県・宝塚市「宝塚インター店」では、「ギガントチャーハン」(861円)「ギガント天津飯」(892円)、「ギガントラーメン」(924円)。

4人前でこの価格らしい。(^^)

食べれるのかな!?

私なら、「食べてみたいっ!食べてみたいっ!」って思っても、実際には食べれないであろう。

春に大阪旅行に行くかもしれないので、「タコ焼き」、「大阪焼き」 、「お好み焼き」をたくさん食べたいです。

関西人によると、東京の「たこ焼き」と、関西の「たこ焼き」は全然違うそうだ。

何かと「東京は物価が高い」という。


posted by 太郎@東京生活 at 08:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。