2009年02月27日

ケータイ小説

流行りの「ケータイ小説」、こな度は私も「ケータイ小説」を読んでみたいっ! 読んでみたいっ! どんなものか、知りたいっ! 知りたいっ!って思いました。(^^) (これまた、自由人的な発想です。)


ラブコメ (内藤みか 尾谷幸憲)という作品。

読書をするときには、やっぱりお風呂で「いい湯だなぁ」っていう、α波がでているときに、ボケーッて、仕事を忘れ、頭空っぽの時に、ゆーっくりと読書したい。

電車の中の読書も嫌いではないが、混雑してる時は、なぜか、近くの人の視線が気になる。

東京では電車の中は人がいっぱいなのだ。


posted by 太郎@東京生活 at 11:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。