2009年04月12日

プロと自立と恥

「プロ」って自分で自立して、稼ぐことだから、「恥」はかいてもいいんですよ。
音楽のアーティストもたくさん現場で恥かいてますよ。
おもいきってやらないと、いけないとおまいます。

天才ってよばれてる野球選手の打率は3割です。

成功率が30%です。

考え方だと思う。

だからね、結局、メディアってある意味、何かの道、何かの組織の中で秀でないといけないんだよね。

プロと呼ばれる方々は、たくさんの恥を時にはかいてます。

そう思います。

「恥」をかかないで「成功」しようなんていう「甘い」考えは、一見みると賢いんですが、「甘い」。


posted by 太郎@東京生活 at 00:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。