2009年06月01日

駅にあるフリーペーパー

Image403.jpg
それにしても、最近は女性向けのファッション誌の売上が下がったとのことですが、駅に設置してある「フリーペーパー」は、本当に目立ちますね。

お金を出して、買うにはそれ相当に「価値」を追求する消費者と、いつでも、手軽にみれるような雑誌媒体。

お金を出して買う「雑誌媒体」のほうが、消費者に対して告知されている広告は、消費者に対してインパクトがあるものになっているように思える。

購買意欲の高い消費者が「お金」を払ってでも買いたい雑誌に掲載されている広告は、ドンピシャであたると凄い経済効果を出すんでしょうね。


posted by 太郎@東京生活 at 06:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。