2009年06月09日

チョーヤの梅酒

テレビをみていると、なぜか、なぜか、ずっーと、「チョーヤの梅酒」のCMはなぜか、なぜか、目に入る。

広告って、物が売れている商品こそ、ずっーと、テレビなどのメディアを始め見かける感じだ。

「チョーヤ」の梅酒は、どこでも置いてあるし、梅酒といえば、「チョーヤ」というのが、今の日本人には浸透していると思う。


消費者として、不滅の「チョーヤ」も好きですが、実は、ローカルブランドも最近は気にしている。

あまり知られてはないが、美味しい逸品。

「自分だけがみつけた喜び」が絶対にあると思う。

たとえば、梅ですと、日本では、和歌山県だ。

和歌山県の「梅酒」、絶対に逸品があると思う。

そういう自分の考え方や嗜好など、どんどん突き詰めていくのがWEB検索だったりするのではないだろうか。

そんなことを考えれば、考えるほど、毎日、毎日、検索するのが楽しくて、たまらないのだ。


posted by 太郎@東京生活 at 02:38 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。