2009年06月09日

家族共通の話題が減る傾向について

家族の話題が減るということについて、カキコキしたいと思う。

インターネット、携帯電話の発達、普及率によって、今までは、朝、自宅には「新聞」。

そして、朝食では、家族で「テレビ」を見る。

そんな世の中でした。

今はいかがでしょうか。

携帯電話で、メールで個々のやりとりがあります。

話題が、「個」になりつつあります。

今までは、「テレビ」でした。

ですから、メディアが多様化していると思えるのです。

いつでも、自分が好きな情報を、自分の都合で求める情報を得ることが、自分の意思で、低価格で得ていくのが、「インターネット」の検索の魅力。

ブログもそう、自分の好きなアーティスト、アイドル、俳優、スポーツ選手、政治家のブログにアクセスが出来るということ。

ここが、「個人の欲求にたいする需要」を生み出しているに違いないのだ。

携帯電話をつかっての検索需要は今後はますます増加傾向にあると思う。


posted by 太郎@東京生活 at 23:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。