2009年08月14日

今さぁ、インターネットによるメディア革命で

いろいろな情報収集が出来るようになったし、そんな中で、広告が売れない=物が売れない。 これ凄い時代ですね。 人気あるデジタルコンテンツに人々はお金を払う。 売れないから、安くても在庫が残っていたら売るしかないし、難しい時代だぜ。 終身雇用企業といわれていた企業が徐々にくずれているかもしれないし、働く人々が、転職、転職という人々もいるし。

サービスや商品が売れないと残れないんだよね。

会社で仕事しないのに、威張るような人々は、もちろん結果だせない人は、ダメになるし。

権威や権力も人脈あるけど、「何ができますか!?」っていうのが個人、個人に問われている感じがするなぁ。

会社の金を食い物にする「天下り」は、今後はどーなっていくのか。


posted by 太郎@東京生活 at 04:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。