2009年09月10日

新司法試験の合格者が三割を切った!!!

合格者2043人・法務省

時事通信 [9/10 17:00]によると、、、
法務省は11日、法科大学院修了者を対象とした2009年の新司法試験の合格者を発表した。受験者数7392人のうち、合格者は2043人で、同省が今年の目安とした2500〜2900人を大幅に下回った。合格率は27.6%で、過去最低だった前年の33.0%を下回り、初めて3割を切った。

とある人気の資格だけありますが、「なぜ!?合格者が減ったのか!?」

ってことを考えます。

試験の難易度が高くなったのか!?

受験者が学習する時間が減ったのか!?

など考えた場合はどーなのでしょうか。

どーなんだろう!?

日本がありとあらゆることで変わり始めているではありませんか。

資格というのは、取得する側は「将来は、○○という職業に就こう」または、「○○という企業に就職(または転職)しよう」というのがあるかもしれない。

しかし、合格率が下がるというのは「学習しなくなった」。

その目指す資格や職種に「希望」が薄れたなどあるかもしれない。

これは不景気なのか、平和ボケなのか。

まだまだ、問われる。


posted by 太郎@東京生活 at 17:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。