2009年09月19日

押尾学被告、ホステスの女性(30)が死亡した経緯

押尾学被告、合成麻薬のMDMAを服用したとして、麻薬取締法違反の罪で俳優の押尾学被告(31)が起訴された事件で、マンションで一緒にMDMAを服用したとみられるホステスの女性(30)が死亡した経緯をめぐり、処置に違法性があった疑いがあるとみて、警視庁捜査1課が押尾被告の立件に向け、本格捜査に乗り出したことが18日、分かった。

産経新聞では上記のように報道。
警視庁捜査1課が本格的に捜査ということで今後の押尾学がどーなるのか。

ファンの方々なら、どーみていくのか。

気になる話題です。


posted by 太郎@東京生活 at 05:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の日記(好き放題書きます。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。