2006年12月04日

素直に誤る事が大事

DZ069_L.jpg

東京だけではなく、全国で言えることと思うのですが、職場、学校で組織において、素直に自分が間違ったことをしたら『ごめんなさい。』っていう言葉を発言することですね。


これは、私も経験がありますが、なかなか、素直に『ごめんなさい。』って言えないんですよね〜。


eat_drink010.jpg


これは、友達関係、いわば人間関係ですよね。

素直に『ごめんなさい。』って言えない時って、『何が悪いの!?』っておもっているときではないでしょうか。

でも、いろいろと調査すると、自分が結局悪かったりとか。

そんな時って、本当悔しくて、悔しくて・・・

でも、そんな生活が東京での仕事でもあるのです。

東京だけではなく、全国ですね。

ですから、社会で過ごすためには、後輩であろうと、先輩であろうと、同僚であろうと、お客さまであろうと、上司であろうと、部下であろうと、『すみませんでした。』、『ごめんなさい。』とこの一言で自分を取り巻く環境が『ガラリッ』と変わるのです。

そんなことを最近は、何かあったら、心がけてますね。





posted by 太郎@東京生活 at 00:55 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
素直って大事ですよね〜。
私も「ありがとう」と「ごめんなさい」
はちゃんと言えるように心がけます!
Posted by あーきー at 2006年12月05日 00:50
>素直って大事ですよね〜。
ですよね〜!!
結局、これができるか、できないかで、仕事も、友達も、いわば人間関係が『ガラリ』と変わりますからね。
人って、いろいろな立場があるので、立場によっては、どうしても『ごめんさない』が言えないような方々も、ニュースでたくさん観てますし、本当にこれって、『心』って難しいんだなぁ。と最近感じる一人です。

多分、地方もそうだと思うのですが、東京も生活していて、東京って田舎者の集まりですし、そういうところってどこか、島国根性といいますか、まだまだ、人々の心底にあるのかなぁ。と生活していて思うときがありますね。

Posted by at 2006年12月08日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。