2006年12月12日

カンブリア宮殿 テレビ東京

2006年12月11日放送の「マックからマックへ」と転職された、原田泳幸(日本マクドナルドホールディングス会長兼社長兼CEO)の体験談の放送がありました。

この放送をテレビで観たのですが、『へー』って感じでしたね。










東京で生活する多くの人が職場で、『変化に対応していく』という表現を社内で聞こえたりしませんか。

原田泳幸(日本マクドナルドホールディングス会長兼社長兼CEO)さんは、『自分から変化を起こす』ことが大事。と。

『変化』の上に乗っかるのではなく、『自分が変化を起こす』と。

世の中の流れについていくのではなく、世の中のトレンドを起こす。

ということが大事だと。

この言葉を聴いて『さすが、大物経営者』は発言に力と、説得力がありますね。

あのマクドナルドの低迷を救ったという偉大な経営者さんです。


もともと、コンピューターの世界でお仕事をされたいたようでありますが、経営の改革ということで『マクドナルド』のCEOに抜擢。

以前は、あのアップルコンピューターの経営改革を行ったという方です。

すごーい。


そういえば、確かに、最近のマクドナルドって一時期の『激安!』っていうのから、変わりましたよね。

そうだよね〜!!って方はクリックお願いしマース。
↓↓↓↓
banner_04.gif




posted by 太郎@東京生活 at 01:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。