2007年02月09日

『スーパードライ』と『ラガー』


お寿司屋さんで、スーパードライとラガーのビールの話になった。

グラスに入ったビールを出されて、『これはスーパードライですよ。』と言われてビールを飲むと、たとえ『ラガー』だったとしても、おそらくその違いはわからないであろうと。。。


よっぽど、ビールを研究している人だったらわかるかもしれないね〜っと。

私の場合は、『サントリー天然水仕立てのモルツ』と『スーパードライ』の違いならわかる。

そして、ラガーとスーパードライの違いはわからない。

結局、そんなに変わらないのように思える。

『思い込み効果』=『プラセボ』!? というものが本当にある感じがしてたまらない。

『スーパードライ』は宣伝でよく『喉越し』という表現を聞いているから、ラガーをグラスに注がれても、『あぁ、喉越しが最高だ。』となってしまいそうだ。

○○したら△△△になる。という『信じるものは救われる』系の物事が最近非常に身近に多い気がする。

それは・・・

話がビールならまだよいが・・・

たとえば・・・仕事。

そして、先日日記に書いたこのアムウェイというものは、いったいなんのなのか?

なぜ、そこまで、宣伝活動をする会員が多いであろうか。

仕組みが非常に面白いということがちょっとわかった。

商品の流通を作るのが仕事ということになる。

アムウェイを宣伝することが仕事になるというわけだ。

アムウェイの商品の良さを伝えることができる人が、『人の信頼を勝ち取り、それが収入として本人に返ってくる。』というわけだ。

しっかりと、商品をセールスできるか、どうかという保障もなにも世界みたいだ。











posted by 太郎@東京生活 at 21:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビール・焼酎・カクテル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。