2008年03月20日

芸能界ではあたりまえといわれる枕営業

面白い記事を発見したので、紹介します。わーい(嬉しい顔)




芸能界ではあたりまえといわれる枕営業について考察してみましょう。


■枕用語集■

【生活枕】
収入の少ない売れる前のタレントを事務所の知り合いの金持ちに面倒を見てもらうこと。
特定の人間だけを相手にするため、売春をしているという意識は少なく枕ととっかかりとしては入りやすい。
事務所はここからそのタレントのレッスン料やプロモーション費用を捻出する。
落ち目のタレントはこれが主な収入源になることもある。
売れてきたタレントはスポンサー筋の愛人に納まることが多い。

【枕営業】
仕事をもらうために番組のPやDやMC、スポンサーなどと寝ること。
事務所がセッティングすることが多いが、個人枕もある。
ひな壇アイドルはコミュニケーションと称して番組終了後スタッフとの乱交パーティーに呼び出されることも少なくない。

【スポット】
業界の有力者や事務所と関係がある金持ちの指名により単発でする枕で、いわば高級コールガール
有名女優だと1度で何百万もの報酬が得られる。

【接待】
事務所の便宜を図ってもらうためVIPや先生と呼ばれる人に対して行われる枕
タレント個人への直接的見返りは無い。

【フルーツ】
接待要員
事務所にいいように使われていて、売り出しに力を入れてもらえないことが多い。


引用: http://mp.i-revo.jp/comm.php/298/

◆感想◆
芸能界っていうのは、どういう仕組みで売れっ子が育つのがよく一般人からするとわかりにくいですね。本当に、、、分からない世界ですね。ウラがあるとか、どうのこうのとか、非常によく言われている世界ですね。





posted by 太郎@東京生活 at 03:22 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。